第17話を見終えてまず感じたことは、残すところあと一本という状態で、まだ全貌が見えないというのはそれだけで偉業だということ。
 異形のクリーチャーや残酷な殺人鬼とかではなく、底が知れないクリエイターの頭のなかのほうがよっぽど怖い(笑)。


●メイフェア・ホテル

 ゴードンが自分の銃を見つめながら、めずらしく反省中。
 「わたしにはどうしても撃つことができなかった」 ダイアンのことですね。
 「歳のせいでヤワになったんですよ」と皮肉っぽくアルバート。しかし、心のなかではきっとゴードンを心配している。
 タミー、アルバート、ゴードンの3人は赤ワインの注がれたグラスを掲げて、FBIに何度目かの乾杯を捧げる。

 そして、ゴードンが打ち明ける。
 「実はアルバートにも25年間隠していたことがある。ブリッグス少佐が『ある存在を発見した』と、わたしやクーパーに姿を消す前、報告してきたんだ。その存在とは〈究極的な負の力〉(=An Extreme Negative Force)で、かつては〈ジャオデイ〉(=Jowday)と呼ばれていた。時間が経つにつれ、その名は変化して、〈ジュディ〉(=Judy)となった。クーパーとわたしと少佐はそのジュディを探す計画を立てた。だが、ブリッグス少佐の身に何かが起きてしまった。そのあとクーパーにも起きた。フィリップ・ジェフリーズは、少なくとも通常の感覚において存在していない(At Least Not In The Normal Sense)。だが、わたしたちと同じものを探していると言い残して、何年も前に姿を消した。 最後にクーパーがわたしと会ったとき、彼はこう言った。『もしも。わたしが他のみんなと同じように姿を消したら、どんな手を使っても、わたしを探してほしい。わたしは一個の石で2羽の鳥を殺すつもりだ』と。そして今、〈二人のクーパー〉という問題がある。つい最近、情報屋のレイ・モンローから謎めいたメッセージが届いた。その内容は〈わたしたちが会った刑務所にいたクーパーが座標───すなわち、ブリッグス少佐が残した座標を探している〉というものだった。隠してきたことを許してくれよ、アルバート。実際のところ、この件が適切に進展しているのかはわからないが、クーパーからはかならず連絡が来るはずだ」

 ゴードン=リンチ、脅威の長台詞。カンペをチラチラ見てるみたいだったけど、立派でした(笑)。

 そこにFBIラスヴェガス支局のランドールからゴードンに電話が。「ダギー・ジョーンズが病院で見つかったのですが、すでにベッドはもぬけの殻。消息不明です」
 「マルクス兄弟の映画か?」 皮肉が止まらない今日のアルバート。

 そこへブッシュネルが病室に戻ってくる。「電話の相手はゴードン・コールですか?」
 クーパーから預かったメッセージをブッシュネルがゴードンに伝える。
 〈わたしはトルーマン保安官の元へ向かうことにする。現在、ラスヴェガスの時間は2時53分。すべての数字を足す(2+3+5)と完了の数字(=A Number of Completion)、すなわち10になる〉

 ゴードンはブッシュネルに礼を言って、電話を切る。
 そして叫ぶ。「ダギーがクーパー? どういうことだ!」

 タミーのところには、すでにラスヴェガス支局が集めたダギー・ジョーンズに関する情報が届いている。
 ダギーの身の上に起きた出来事(車が爆発、殺し屋に狙われる、ギャングとみなされている男たち二人と行動を共にしている、コンセントにフォークを突っ込んで感電、など)をすべて報告する。
 「これはまちがいなく”ブルー・ローズ”だ。よし、彼が向かう場所にわれわれも行くぞ」とゴードンは宣言。

●ツイン・ピークス保安官事務所の地下牢

 あんなに騒々しかったNaidoや酔っぱらいたちも寝静まっている。チャドはある計画を実行しようとするけれど、その気配を察知したのか、酔っぱらいが目を覚ます。ふて寝するチャド。

●深夜の道路

 夜の道を爆走している黒クーパー。電線がジリジリと騒がしい。

●ツイン・ピークス保安官事務所の地下牢

 Naidoが苦しそうに鳴き始める。黒クーパーが徐々に近づいているためだろうか。ジェームズとフレディは彼女の様子を心配そうに見ている。

●グレート・ノーザン・ホテル

 ベンのところに電話がかかってくる。ワイオミング州のジャクソンホール警察からだ。
 ジャクソンホールは、ちょうどサウスダコタからツイン・ピークスのあるワシントン州への途上にある街。つまり、ジェリーがほっつき歩いていた森はツイン・ピークスだと勝手に推測していたけれど、実際は遠く離れたワイオミングだった。
 いったいなぜだ? レイやフィリップスが黒クーパーをおびき寄せようとしていた場所を、ジェリーが何らかの形で知っていたのだろうか?

 ベンにかかってきた警察の電話の内容は次のとおり。
 「身分証不携帯の男を保護したのだが、あなたの弟だと名乗っている。また彼は『双眼鏡が人を殺した』とも言っているのだが……」

 最後の言葉を聞き、納得したような顔つきでベンは答える。
 「それはまちがいなくわたしの弟、ジェリー・ホーンです。彼は何か罪を犯しましたかね?」
 「いいえ……ただ、われわれが保護したとき彼は全裸だったので、なにか服を送ってください」

●深夜の道路

 まだまだ走ってるよ、黒クーパー。より一層大きな音で電線が騒いでいる。
 黒クーパーはこうして電線から究極的な負の力(An Extreme Negative Force)をチャージしているのかもしれない。

●森

 黒クーパーが乗っていたピックアップトラックが、どこかの森のそばに乗り捨てられている。
 すでに夜は明けて、あたりは明るくなっている。だが、彼の姿は車の周囲にはない。

 薄暗い森のなかをGPS端末を手に歩く黒クーパー。ダイアンから聞いた座標を元にその場所を探しあてたのだろう。
 周囲で倒れている木も完全に一致しているし、Naidoをアンディやフランク・トルーマン保安官たちが発見した、ジャック・ラビット・パレス近くの場所だ。
 黒クーパーがそこに近づくと、頭上に例の渦が出現し、彼の姿が消滅する。

●消防士のいる劇場

 第8話に出てきた消防士の劇場に、黒クーパーが転送されている。
 しかも、直方体の檻(=ニューヨークのガラスの箱を思い出させる)の中に捕らえられているようだ。
 向かって右側には巨大なブリッグス少佐の頭、正面の大きなスクリーンには、先ほどの座標の場所が映しだされていて、消防士がそれを見つめている。
 次に映ったのはパーマー家の正面玄関。
 消防士が空中をスワイプすると、スクリーンの画像が変わり、ツイン・ピークス保安官事務所が映る。

 黒クーパーを閉じ込めてある檻がだんだん小さくなり、天井を這っている奇妙な形の金色の管(第8話でローラの入ったオーブが通過したチューブだ)に吸い込まれ、画面の中に転送される。

 どうやら消防士はこのスクリーンでさまざまな地点を観察し、渦巻を通して自分のところにさまざまな人物を召喚することができるが、だからといってなにか直接手を下すことはできないようだ。

●ツイン・ピークス保安官事務所

 黒クーパーは保安官事務所の目の前にあるパーキング・ロットに出現する。
 「どうなってるんだ?」
 彼にも事態が飲み込めていないらしい。

 駐車場に停めていた自分の車から大きなバスケットを下ろしていたアンディがクーパーに気づく。
 「クーパー捜査官じゃないですか? ちょうどあなたの噂をみんなでしていたところなんですよ!」
 「やあ、アンディ」 ほほ笑みを浮かべる黒クーパー。

●ツイン・ピークス保安官事務所の地下牢

 留置所のなかのNaidoが落ち着きを失っている。何かを伝えようと躍起なのだが、誰も意味が理解できない。
 そんな中、チャドを”監視”している酔っぱらいがまた眠りに落ちてしまう。
 ふたたび計画を実行するチャド。自分が捕まることを予期していたのか、靴のカカトに細工して、合鍵を隠していた(笑)。
 

●ツイン・ピークス保安官事務所

 アンディが黒クーパーを所内に連れて入ろうとしている。
 クーパーの帰還をルーシーも大喜び。
 アンディはフランク・トルーマン保安官にも彼を紹介する。フランクは黒クーパーを彼のオフィスへ案内する。
 しかし 最初は喜びを隠せない様子のアンディとルーシーだったが、ふとアンディが表情を変える。
 消防士のところに送られたとき自分が見たビジョン───保安官事務所の廊下で怯えきった顔つきのルーシー、後ろからアンディが彼女の肩を抱き、その後、走りだす───を思い出したのだ。
 

●ツイン・ピークス保安官事務所の地下牢

 チャドが合鍵を使って、牢屋から脱出。別の部屋に侵入。
 Naidoは黒クーパーの存在を感じ取ったのか、猫に狙われた小鳥のように檻の中で騒いでいる。
 酔っぱらいもそれに気づいて目を覚まし、連動するように騒ぎ始める。どうやら顔の傷もうずきはじめたらしい。

 チャドが先ほど侵入したのは武器庫で、ロッカーに入っていた銃や弾を盗み出す。この騒ぎに乗じて逃げ出すつもりのようだ。

●フランク・トルーマンのオフィス

 黒クーパーに椅子をすすめたあと、アンディは質問する。
 「コーヒーはいかがですか?」
 「ありがとう、でも結構だ」と答える黒クーパー。本物のクーパーならコーヒーを断ったりは絶対にしないはず。怪訝な顔をするアンディ。
 「わかりました、ではホークを呼んできます」 アンディは小走りで部屋を出て行く。

 そして、受付にいるルーシーに電話を指差しながら声をかける。「それは”重要”だぞ、とても”重要”だ!」
 その直後、ルーシーのデスクの電話が鳴る。それは本物のクーパーからの電話だった。
 アンディはそのことを予知していたのだ。

●ツイン・ピークス保安官事務所の地下牢

 ホークを探しに、アンディが入ってくる。
 チャドは銃を構えながら、ゆっくりとアンディの方へ近づいていく。
 「お前は腰抜けだ、アンディ!」
 フレディの牢の前をチャドが通過しようとした瞬間、ゴム手袋の拳でフレディが牢屋の扉をパンチ。
 扉が勢いよく開かれ、チャドの顔面を直撃。倒れこむチャド。

 アンディは床にノビているチャドを手錠で拘束する。

●フランク・トルーマンのオフィス

 オフィスで二人きりになったフランクが問う。
 「クーパーなのか?」
 黒クーパーは微笑みながら答える。「ああ、そうだよ」
 「なぜツイン・ピークスへ戻ってきた?」
 「やり残したことがあるからさ」

 そのときフランクのデスクの上の電話が光る。ルーシーの声がインターホンから聞こえる。
 「保安官、2番にお電話です」
 ルーシーはたいてい外からの電話を1番でつないでいたと思うのだが、今日は2番だ。いつもの電話とは違うということをフランクに知らせたかったのかもしれないし、もう一人のクーパーからかかってきている、という意味かもしれない。
 伝言を聞いておくように……と伝えるフランクだが、ルーシーは食い下がる。
 「とても”重要”な電話なんです」
 フランクは電話を取る。
 クーパーはミッチャム兄弟やキャンディーズと共に、保安官事務所へ向けて走行中だ。
 「やあ、ハリー。クーパーだ。今、ちょうどツイン・ピークスに入ったところだよ。コーヒーはあるかね?」

 車窓からは懐かしい〈WELCOME TO TWIN PEAKS : Pupulation 51201〉の看板が見える。
 フランクは電話の相手が正しいクーパーであることを一瞬で理解する。
 なぜなら彼はブリッグス少佐からのメモによって〈二人のクーパー〉の存在を知っているからだ。
 第9話で〈COOPER/COOPER〉のメモがブリッグスの残した金属製のロケットから発見され、第14話で彼自身が電話でそのことをゴードンに伝えている。

 デスクを挟んで無言で睨み合う黒クーパーとフランク。二人がほぼ同時に懐から銃を取り出す。一瞬だけ早く黒クーパーが銃を発射。
 しかし、彼の放った弾丸はフランクの帽子をかすめただけ。いっぽう黒クーパーは床にもんどりうって倒れた。
 
 背後にはなんと銃を構えたルーシーの姿が。
 悪のパワーをフルに発揮して、人々の命を無情に奪い、数々のピンチをしのいできた黒クーパーにとどめをさしたのが、アンディ&ルーシー夫妻という展開は最高だ。

 フランクがクーパーに黒クーパーが死んだことを告げると、彼の死体に絶対に触らないように、とクーパーは命令する。

 階上の銃声を耳にしたアンディがNaido、ジェームス、フレディの3人をつれて、オフィスに逃げてくる(酔っぱらいはどこだ?)。
 アンディの姿を目にしたルーシーは嬉しそうな顔で言う。
 「アンディ、わたしやっと携帯電話のことが理解できたわ」

 ホークも銃を片手に飛んでくるが、倒れている黒クーパーを見て驚く。
 フランクはクーパーが死体へ触るなと言っている、とホークに告げる。
 ホークは「だが、あれはクーパーじゃないか」と反論するが、フランクはたしなめるように「いや、そうじゃない」と言う。

 昼間なのに部屋が突然、明かりを失う。
 黒クーパーの死体のまわりだけ光が眩しく明滅し、ウッドマンが三人出現。またも復活のイニシエーション。
 目の前で行われている不気味な儀式に言葉を失っているフランクやルーシーたち。
 それにしても、心霊手術のように傷口あたりをゴニョゴニョ触るのはわかるとして、顔に血を塗りたくるのはなんの意味があるんだろうね?

 そうこうしてるうちにクーパーの乗った車が保安官事務所へ到着。外も薄暗くなっている。ウッドマンたちが儀式を行っている間は、室内だけでなく、周辺もかなり広い範囲で暗くなるのだな。
 玄関で待ち構えていたアンディの案内(彼はなぜクーパーが来ることを知っていたのか?)でオフィスへ飛び込んでいくクーパー。
 しかし、彼もこのウッドマンのイニシエーションはおそらく初めて見るのだろう。しばし手をこまねいている。
 ウッドマンたちが消えると、黒クーパーのおなかの中から真っ黒なオーブが現れ、部屋の中に浮かび上がる。オーブの中にはもちろんボブの顔が。
 オーブがクーパーに襲いかかる。クーパーは床にへたり込んでなんとか攻撃をかわす。
 Naidoが何か指示を出すようにフレディのほうを向いている。一歩前に踏み出すフレディ。
 クーパーが立ち上がって声をかける。「君がフレディか?」「はい、そうです」
 フレディが叫ぶ。「これがぼくの運命だ」
 攻撃の矛先をフレディに変えるボブ・オーブ。最初はやられ放題だったフレディが勇気を振り絞ってゴム手袋の拳に力を込め、オーブを殴りつける。オーブは悲鳴を上げながら床に落下。とどめとばかりにフレディが拳をもう一発叩きつけると、床に穴が空き、中から炎が吹き出した。火の力を蓄えたオーブがゆっくりとまた浮かび上がり、再度フレディへ猛烈な攻撃をしかける。「フレディ、立て!」クーパーが檄を飛ばす。顔面を血で染めながらなんとか立ち上がるフレディを見て、ボブ・オーブが言う。「お前を俺の死体袋の中に入れてやる」
 まっすぐ自分の方に飛んできたボブ・オーブにストレートパンチをフレディがお見舞いすると、オーブは断末魔の叫び声を上げながら粉々に割れ、破片が天井へと舞い上がり、消えていった。
 「ぼく、やったんだね?」「ああ、君はやったよ、フレディ」クーパーが笑顔で讃える。床に開いたはずの穴はいつの間にか塞がっている。
 クーパーは黒クーパーの躯に近づくと、左手の薬指にふくろうの指輪をはめる。すると白い煙をうっすらと漂わせながら、遺体は跡形もなく消えた。
 そして赤い部屋の床に指輪が転がる。

 消防士が言ってた2羽の鳥を一つの石で倒すってことは、黒クーパーとボブをフレディの拳で……って解釈でよいのかなあ?

 「こりゃ孫に語ってやらなきゃな」いつのまにかすべてを見守っていたミッチャム兄弟が思わず声を漏らす。

 クーパーがフランクに「グレート・ノーザン・ホテル315号室の鍵を持っているだろう?」と聞く。「なぜそれを知っているんだ?」とフランクが問い返すと、クーパーはこともなげに「ブリッグス少佐から聞いたんだ」と答える。
 フランクはベンから預かっていた鍵をクーパーに手渡す。やれやれ一体何が起きてるんだ、という顔つきでフランクが首を振っていると、保安官事務所の前のパーキングロットにゴードンたちの乗ったFBIのトラックが2台入ってくる。

 ここでようやくオフィスにNaidoがいることに気づくクーパー。彼女の顔をじっと見つめているクーパーの表情が画面に焼き付く(このあともドラマは進行していくが、このクーパーの顔がずっと画面のなかに残像として映しだされ続ける!)。
 
 ボビーもオフィスにやってきて、一体何が起きたんだ? と尋ねる。制服姿のボビーを見て、クーパーは言う。「君の父上はこうなることをご存知だった。ブリッグス少佐はある情報を入手し、ゴードン・コールと一緒に調査した……おっと、彼がちょうど到着したぞ」
 「クープ!」ゴードンが叫ぶ。
 「そして今日われわれはここに集った。いくつかのことがこれから変わっていくだろう」とクーパー。
 ホークも目を細め、その言葉に同意するようにうなづく。第15話のマーガレットの「死は終わりではなく、変化するだけ」という最後の言葉を思い出していたに違いない。
 クーパーが「過去が未来を決定(Dictate)するのだ」と付け加える。

 キャンディーズが大量のサンドイッチを銀のお盆に載せてオフィスへ運んでくる。
 「たくさん作っておいてよかったわ」とキャンディ。

 突然、クーパーへ駆け寄るNaido。二人が手のひらと手のひらを合わせる。
 彼女の顔のまわりに黒煙が立ち上り、顔の中に穴が開く。穴の中に赤い部屋が見える。
 赤い部屋の中央に大きな割れ目のある奇怪な実のようなものが出現し、その割れ目からダイアンの顔が覗く。
 すると、保安官事務所にいたはずのNaidoが赤い髪をしたダイアンに変わっている。
 笑みをこぼすクーパー。二人は抱き合いキスを交わす。ダイアンの指先には黒と白のマニキュア(赤い部屋の床のカラーリング)が一本ずつ交互に塗られている(このキスをきっかけに、しばらくクーパーの顔の残像が消える)。
 「ダイアン、全部覚えているのか?」「ええ、覚えているわ」
 二人は振り返って壁の時計を見る。時計の針は〈2時53分〉を示しているが、長針が52分と53分の間を行きつ戻りつしている(残像が復活)。
 そもそもクーパーが覚醒し、ブッシュネルに託したメモには〈ラスヴェガスは今2時53分〉と書いてあった。それが事実で、彼らが一泊二日で移動したわけじゃなければ(もしくは壁の時計が壊れてる)時間が進んでないのは、本来おかしいはず。
 で、この何度も繰り返す2時53分というのは第2話の元小人であり、現シカモアの木が言っていた「2…5…3…何度も何度も繰り返す」という台詞がすでに予言している。

 そして”残像”が口を開く───その声は逆回転ではなく、テープの回転数を落として再生したような間延びした低音で───「わたしたちは夢のなかで生きている……(We Live Inside a Dream……)」
 

 

 クーパーはそこにいる全員に語りかけた。
 「また君たちに会えればと思う。君たち全員に」
 クーパーにとって彼らは力強い協力者たちなのだ。

 部屋の中がふたたび闇に包まれる。
 「ゴードン!」「クープ!」

●グレート・ノーザン・ホテルの地下

 クーパー、ダイアン、ゴードンの3人が闇の中を歩いている。
 グレート・ノーザン・ホテルの地下ボイラー室……ジェームスがチェックしていた音のするドアに近づく(残像が消えている)。
 クーパーはドアのロックは315号室の鍵で外し、ゴードンとダイアンにひとりで行くからここに残るように言う。ダイアンとハグし、ゴードンと握手を交わす。
 「君のことは忘れないぞ」なんだか哀しいことを言うゴードン。
 ドアの中に入り、クーパーは振り向き「カーテンコールで会おう」と二人に言う。顔を見合わせるダイアンとゴードンを残し、クーパーの姿は消える。

 部屋の中で彼を待っていたのは片腕の男マイク。
 「過去の中にある未来の闇を通して、魔術師は見たいと願う。ふたつの世界の狭間でひとつの声によって唱えられる。火よ、我と共に歩め(Through the darkness of future past, the magician longs to see. One chants out between two worlds, fire walk with me”)」

 放電の力で、また別の場所へと移動するふたり。

●ダッチマン

 コンビニエンスストアの二階へやってきたマイクとクーパー。ウッドマンの姿が消えている。きっとボブを倒したからだろう。ただし、トンガリ鼻のジャンピングマンは消滅していないようで、ウロウロしている。
 ダッチマンのある中庭に出たふたり。鍵開け係のBosomy Womanの助けなしにフィリップの待つ部屋へ入る。もちろん彼はボウイではなく、ボイラーのまま。

 クーパー「フィリップ?」
 フィリップ「明確に頼む」
 クーパー「日付は1989年2月23日だ」
 フィリップ「見つけてやろう。このなかは滑りやすいからな。また会えてうれしいよ、クーパー。ゴードンにもよろしく伝えておいてくれ。と言っても、彼が覚えているのは〈非公式ヴァージョン〉のわたしだがな。さて、ここできみはジュディを見つけることになるだろう」

 ジュディはずっと女性の名前だと思っていたけれど、冒頭でゴードンが解説したように〈究極的な負の力(An Extreme Negative Force)〉のことを指す。台風に名前が付いているようなもんだろうか?
 
フィリップ「たぶん誰かが中にいるだろう。で、君がこれをわたしに求めたのか?」

フィリップから吐き出されている湯気の中からフクロウ洞窟(Owl Cave)のマークが現れた。それが空中でバラバラに分解され、今度は縦に並んだふたつの菱形へ変化し、今度は数字の8になる。

 8の中はチューブ状になっていて、黒い玉が移動していく。オーブが消防士の劇場の中にある金色の管の中を通ることを思い出させる。
 フィリップが「もう行っていいぞ」と声をかけると、マイクが呪文を唱える。「エレクトリシティ!」
 放電の力でまた別の場所へ移動するクーパー。

●1989年2月23日のツイン・ピークス

 ジェームズがローラを迎えに来て、バイクで何処かへ出かける。それを窓から見ているリーランド。劇場版の112分40秒あたりからのフッテージが流用されている。カラーからモノクロに色が変換され、草陰からジェームズとローラのやりとりを見ているクーパーや、クーパーの目線からのショットがインサートされる(ローラたちを遠目に撮ったシーンなどはローラ役のシェリル・リーにブロンドのかつらをかぶせて新たに撮影したように見える)。
 たとえば、ローラがジェームズと熱烈なキスをしたあと、森のなかに何かを見つけ、絶叫する。劇場版ではローラが何を見たのかははっきり示されない。ローラはクスリでハイになっていたので、観客であるわれわれは見えない何かを見たのだろう、と解釈していた。だが、実際は草陰に潜んでいたクーパーとローラの目が合い、彼女が絶叫していたわけだ。おそらくローラはクーパーの姿をボブと見間違えたのだろう。25年の時を飛び越えるアクロバット的伏線回収劇(笑)。

 ふたたび劇場版からの映像。
 ジェームズと町へ戻ってきたローラだったが、途中でバイクから飛び降り、ひとり森のなかへ姿を消す。このあと劇場版ではレオ・ジョンソン、ジャック・ルノー、ロネット・ポラスキーと落ち合い、4人で向かった小屋の中で惨劇が起こる。
 しかし、今回は違う。
 森の途中でクーパーがローラを待ち受けている。
 「あなたとは夢のなかで会ったことがあるわ」
 ローラの手を取るクーパー。
 「ローラ・パーマーのテーマ」がBGMで流れ出す。

 ビニールシートに包まれ、岸辺に打ち上げられたローラ・パーマーの死体が映る(パイロット版のオープニング)。
 ところが、その光景から遺体が消える。

 ふたたび森のなかで手をつなぐローラとクーパーが。モノクロだった画面に徐々に色が戻っていく。
 「どこへ行くの?」
 「家へ帰るんだ」

 口紅を引くジョシー・パッカード。ピートが妻のキャサリンに「釣りへ行く」と声をかける。これもパイロット版の冒頭のシーンが流用される。
 だが、ローラの遺体が流れ着いていた場所には何もなく、ピートはそのままのんきに釣り糸を垂らし始める。
 ピート役のジャック・ナンスも亡くなっているため、パイロット版に無いこのカットなどは背丈の似た代役によって撮影されているのだろう。死んだデヴィッド・ボウイの代わりがボイラーなんだから、これくらい訳ないだろう。
 ちなみに今エピソードはジャック・ナンスに捧げられている。

 ということで、過去が未来によって書き換えられ、少なくともローラ殺害事件は回避されたようだ。
 

●現在のパーマー邸のリヴィングルーム

 灰皿に吸い殻は溜まっているけれど、部屋の中はだいぶ片付いている。サイドテーブルの上にローラの写真が飾られている。
 しかし、部屋の奥からサラの大きな呻き声が聞こえてくる。
 やがてサラが現れ、ローラの写真を手に取ると、床に叩きつけ、酒瓶を割って写真に何度も何度も突き立てる。

●ツイン・ピークスの森

 クーパーはローラの手を引きながら歩いている。向かっているのはシカモアの木と穴のある例の座標の場所のようだ。
 闇を抜け、少し明るい場所へ出ようとしていたちょうどそのとき、貝殻をこすりあわせたような音……第1話で消防士が蓄音機でクーパーに聞かせたあの音が聞こえる。
 すると、手をつないでいたはずのローラの姿が消え、大きな翼が羽ばたくような音と耳をつんざくようなローラの絶叫が聞こえる。まるで巨大なフクロウがローラを掴んで飛び立ってしまったかのようだ。すんでのところで、ジュディがローラを捕らえたのかもしれない。
 途方に暮れたクーパーは森の木々を見つめている。

 森の木々のビジョンに赤いカーテンがだんだんオーバーラップしていく。
 聞き覚えのあるシンセサイザーの音色が聞こえてくる。
 

 ジュディ・クルーズの「The World Spins」だ。この展開にはすべてのツイン・ピークスファンが涙せずにいられないだろう。

 彼女がこれを歌ったのは前シリーズの第14章。第二シーズンでは数少ないリンチの監督作。
 ローラの日記が発見されたり、サラ・パーマーが床を這いずりまわっていると白い馬のビジョンを見たり……と、今振り返ればけっこう重要なエピソードだ。
 丸太おばさんが「ロードハウスにフクロウが現れる」と予言したので、クーパーとハリー・トルーマンは彼女とともにロードハウスへ向かう。
 この日、出演していたのがジュリー・クルーズだった。
 名曲「Rocking Back Inside My Heart」に続いて演奏されたのが「The World Spins」。
 クーパーが目を閉じてこの曲に耳を傾けていると、ステージ上からジュリーの姿が消え、代わりに巨人が出現する。
 巨人は「今、また何かが起きてる」とクーパーに語りかける。
 自宅のドレッシングルームで身支度をしているリーランド。鏡に映っているのはボブ。
 ここで初めて視聴者にリーランド=ボブがはっきりと示されたのだ。
 そしてローラそっくりのいとこマデリーンにリーランド=ボブが襲いかかる。
 巨人が姿を消すと、ふたたびジュリーが「The World Spins」を歌い始める。
 カウンターで飲んでいたグレート・ノーザン・ホテルのヨボヨボの老人スタッフがクーパーのところに寄ってきて、「誠に遺憾でございます」と告げる。
 同じくカウンターにいたボビーも何かを察したような顔つきになったり、ボックス席でジェームズと飲んでいたダナも泣き始める。
 ローラに続いて、マデリーンの〈純潔〉までも汚されたのだ。

 マデリーンがなぜローラにそっくりでなければならなかったのか……もっと端的に言えば、なぜマデリーンをシェリル・リーが二役で演じなくてはいけなかったのか、25年前にすごく違和感があった。
 ただ、この新作で掘り下げられたドッペルゲンガーやトゥルパといった〈分身〉という存在の原型が、ローラとマデリーンを同じ女優で撮ることに繋がっているのかもしれない。
 最近はCGなどでいくらでも修正ができるが、昔の映画で女優が二役をブロンドと黒髪のかつらをつけかえることで演じ分けた。
 リンチはそういう古典風の演出を好む人(その発展形が『マルホランド・ドライブ』)だし、今回の〈ふたりのクーパー〉もカイル・マクラクランの熱演もあって、新作の原動力になっていたように思う。


 くりかえし説明してきたけれど、今回の『ツイン・ピークス The Return』はまとめて一本の作品として撮影され、18本のドラマとして切り分けられて放送されています。
 しかし、今回のエピソードなんかを見てると、前シリーズの30本、劇場版、劇場版の削除シーンを集めた『Missing Pieces』、マーク・フロストが書いた本などをすべてひっくるめた〈ツイン・ピークス・サーガ〉が有機的に再構成され、『過去が未来を決定(Dictate)』する壮大な作品になっていることがわかります。

 もちろんそれだけでなく、リンチ自身が過去に受けたさまざまな芸術的影響、瞑想で得られたインスピレーション、現場での〈必然性のある偶然〉なんかに加え、フロストによる緻密な裏付け&構成作業がそれを下支えしています。 
 新シリーズが制作されると知ったとき、まさかローラ事件を根本的に解決しようとは、誰も想像してなかったんじゃないでしょうかね(笑)。
 前回分の冒頭に『ブレードランナー』の新作のことをチラッと書きましたが、そのときは『ツイン・ピークス』が今週こんな展開になるとは思ってなかった。

 ただ、国内外を含めてさまざまな人たちが、この新作について解説をしているブログや呟きなどを時々読むのですが、夢/現実、過去/未来、実在/非実在といった要素をはっきり線引きして見ている人たちは、リンチやフロストが描こうとしている世界観をうまく飲み込めていないような気がします。
 たとえばフィリップ・ジェフリーズには公式ヴァージョン/非公式ヴァージョンのどちらかが本物で、どちらかがニセモノという区別は無いわけですよね。ダイアンとNaidoの関係も同じ。紅茶も緑茶も烏龍茶も、おなじツバキ科のカメリアシネンシスという木の葉っぱから出来ていて、色や味は違えど、発酵の度合いによって区別されるだけの、単なる〈ヴァージョン〉違い。それと同じ。
 もし、ローラが助かったヴァージョンと助かってないヴァージョンがツイン・ピークスの世界に両方存在していても、結局、巨人の言うように「また何かが起きる」のです。
 そういう意味においては、ローラ・パーマー事件というのは永遠に解決しないんでしょうね。

 ともかく来週でラスト。ローラの一件が解決したことで、クーパーがお別れを告げたほとんどの仲間たちと会う機会は訪れなくなってしまったのかもしれません。
 長年見続けてきた旧シリーズのメンバーはともかく、新シリーズで登場したキャラクターたちともほんとうに別れがたいですよ。