ピーナッツ・レコードの穴 VOL.13

前回の「穴」を更新するとき、井手くんとは「また有名人の逮捕みたいな事件が起きたら次回よろしく」なんて冗談めかしてやりとりしてたんですけど、あれほど想像を絶する大事件”が、彼の住む熊本で起きちゃうなんて夢にも思いませんでした。でも、たぶんですけど、こんな出来事が何度ふりかかっても、人間は歌を口ずさみながら、毎日食事をし、めげずに命をつないできたんでしょうね。ということで、第13回の「穴」も無事に更新完了!

FOR PEANUTS RECORDS!!!!

先週木曜以来、九州地方で発生している大地震に接し、このHPでも一年以上連載を続けてくれている熊本のレコード店「PEANUTS RECORDS」井手啓吾くんのために、ぼくからみなさんへささやかなお願いがあります。ぜひ多くの方にご一読いただければと思います。

ピーナッツ・レコードの穴 VOL.12

井手くんが文中で触れている杉田元一さん。90年代中頃、ぼくがまだSHOP 33のスタッフで、DJとして駆け出しだった頃、よくクラブでお見かけしました。当時はソニーマガジンズ……通称ソニマガから出版されていた『ワッツインエス』などで健筆をふるっておられましたが、ちょっと記憶が定かじゃないんだけど(これも卓球さんだったかな)杉田さんのことをコラムで誰かが「フロアで祈る杉田元一」と触れていたのを読んで以来、杉田さんの姿を見るたび「お、フロアで祈る杉田元一さんだ」と心のなかで呟いてました。で、実際に新宿リキッドルームや青山のマニアック・ラブなどで、ミラーボールやDJブースに向かって祈ってるところを目撃し、ひそかに感激してました。ということで、ピーナッツ・レコードの穴、今回もお楽しみください。

ピーナッツ・レコードの穴 VOL.11

おなじみPEANUTS RECORDS井手くんの連載、2016年最初の更新です。さて、勝手なぼく(=ミズモト)の思い込みですが、イアン・ブラウンってなんとなく芸人っぽい佇まいがありませんか? しかもBASEヨシモトとか千川Beach Vあたりでくすぶっていそうな、でも芸人のなかでは一目置かれてる、ちょっとマニアックな芸人。てことで『火花』をイギリスで映像化する際の主役はイアンでどうですかね?(『火花』読んでませんけど)

ピーナッツ・レコードの穴 VOL.10

穴ファンのみなさま、おまたせいたしました。なんと三ヶ月ぶりにPEANUTS RECORDS井手くんの連載が更新です。井手くん言うところの「DIE OR BUY」も「買ってくれなきゃ死ぬ!」と訳せば、中古レコード屋店主としての心の叫びのようにも読めてくるから不思議ですね。

タモリさんについて知っていることを話そう。in 熊本

九州ツアーDAY2はちょうど三年前に長崎書店で開催した『KLAS』以来、書籍のプロモーションツアーで熊本へお邪魔することになりました。今回はその長崎書店二階に昨年春オープンした、本格的なスペシャリティコーヒーやクラフトビールも楽しめるセレクトショップ”onthebooks“が会場です。

1 / 212