sakuratenugui

もう二年ほど前のことになりますが、福岡でイヴェントをやった時、博多の友人たちの猛プッシュでライヴ出演してもらったのが、さくらちゃんとの最初の縁でした。
歌声や演奏の魅力もさることながら、オリジナル曲のクオリティ、そしてその日たまたま誕生日だったお母さんのために彼女が歌った達郎のカヴァー『世界の果てまで』が未だに忘れられません。
その時たった一回しか会ってなかったのに、不思議な繋がりがあって、昨年末、東京で二回目に会った時、まっさきに相談されたのがオリジナルのマーチャンダイズでした。
彼女のリクエストもあってアイテムは手ぬぐいとすぐに決まりまして、ちょっぴりレトロ風味のさくらロゴ、そしてマネージャーさんから全否定されたという彼女直筆のイラスト「マッチョ牛」をあえて大胆にあしらってみました。

そうそう、3月18日に発売された彼女のメジャーデビュー盤『à la carte』も最高ですよ。全曲もちろん彼女の作詞・作曲。そして編曲・プロデュースにCurly Giraffe、高田漣さん、Special Othersらが参加、と。この調子だとまちがいなく来年の桜のシーズンには想像もできないような場所まで行っちゃってると思うんですけどね。

そんな彼女の初めてのマーチャンダイズ。アー写などのパブリックイメージよりも、素朴で、ついつい笑いに走ってしまうさくらちゃんの素のキャラクターに近いテイストを意識してデザインしました。
今後、積極的に行うリリース記念のライヴや、出演するイヴェント会場などで販売されると思いますので、数年後にヤフオクで高騰するのを見越してぜひお求めくださいませ。