[DJ] BLACKBERRY収穫祭

毎年4月恒例の奥田健介(NONA REEVES)生誕祭が今年はニューアルバム『BLACKBERRY JAM』発売記念として開催決定。ひさしぶりにぼくもDJとして参加いたします。

ピーナッツ・レコードの穴 VOL.12

井手くんが文中で触れている杉田元一さん。90年代中頃、ぼくがまだSHOP 33のスタッフで、DJとして駆け出しだった頃、よくクラブでお見かけしました。当時はソニーマガジンズ……通称ソニマガから出版されていた『ワッツインエス』などで健筆をふるっておられましたが、ちょっと記憶が定かじゃないんだけど(これも卓球さんだったかな)杉田さんのことをコラムで誰かが「フロアで祈る杉田元一」と触れていたのを読んで以来、杉田さんの姿を見るたび「お、フロアで祈る杉田元一さんだ」と心のなかで呟いてました。で、実際に新宿リキッドルームや青山のマニアック・ラブなどで、ミラーボールやDJブースに向かって祈ってるところを目撃し、ひそかに感激してました。ということで、ピーナッツ・レコードの穴、今回もお楽しみください。

[第九回]あのDコン

あるときは鹿児島市内の某所で美味しいエスプレッソを抽出、またあるときは鹿児島のよかもんを求めて彷徨い続けるハンター、それがぼくの友だち堀之内ジュンくんです。イラストレーターの江夏潤一くんと彼がやっていた”JUNS MEN VENDING MACHINE”という企画があまりにもバカバカしくて最高だったので、ぼくのHP内にも架空の自販機を設置してもらいました。そこで取り扱われるのはいったいどんな商品になるでしょうか? 約七ヶ月ぶりの新入荷は鹿児島名産のあの野菜です。

ピーナッツ・レコードの穴 VOL.11

おなじみPEANUTS RECORDS井手くんの連載、2016年最初の更新です。さて、勝手なぼく(=ミズモト)の思い込みですが、イアン・ブラウンってなんとなく芸人っぽい佇まいがありませんか? しかもBASEヨシモトとか千川Beach Vあたりでくすぶっていそうな、でも芸人のなかでは一目置かれてる、ちょっとマニアックな芸人。てことで『火花』をイギリスで映像化する際の主役はイアンでどうですかね?(『火花』読んでませんけど)

[第十八回]ゆりこ、たいじゅん、はな〜武田百合子『富士日記』の4426日。

ハッとさせられた文章に傍線を引き、気になるところに付箋を貼り……と、やっているうち、彼女の書くスピードとできるだけ寄り添うような読み方ができないものか、とある日、思い立ちました。これは武田百合子が夫・泰淳と娘・花との別荘生活を4462日にわたって書き綴った名著『富士日記』をあきれるほど丁寧に読み解いていこうという試み。

5 / 27« Top...34567...1020...Last »