[第十六回]ゆりこ、たいじゅん、はな〜武田百合子『富士日記』の4426日。

ハッとさせられた文章に傍線を引き、気になるところに付箋を貼り……と、やっているうち、彼女の書くスピードとできるだけ寄り添うような読み方ができないものか、とある日、思い立ちました。これは武田百合子が夫・泰淳と娘・花との別荘生活を4462日にわたって書き綴った名著『富士日記』をあきれるほど丁寧に読み解いていこうという試み。

ピーナッツ・レコードの穴 VOL.9

またまた久々の更新となりました、熊本PEANUTS RECORDS井手くんによる好評連載。後から連載が始まった堀之内ジュンくんの「JUN MAN VENDING MACHINE」への対抗意識(?)を持っていて、連載回数が並んだことに特別な刺激を受けた様子。

マーケット日和2015

岐阜県各務原市で2011年から開催されているブックフェスティバルが、昨年より新しいイベント=「マーケット日和」としてヴァージョンアップ。そのなかでぼくが企画&ホストを務めている「各務原ことば大学」では、日々さまざまな立場から言葉と格闘を続けている方をゲストにお招きし、言葉について掘り下げています。昨年の柴田元幸さん(翻訳家)に続き、今年は編集者の岡本仁さんをお招きすることになりました。

[THANK YOU FOR COMING]20150822

ふりかえれば今年はけっこう夏らしいことをしたかもな。その集大成がこの「キャンプ」。載せても文句を言われなさそうな無難な写真ばかりで恐縮ですが、ちょっとだけあの日のことをふりかえりたいと思います。

おとなの写生大会 2015

来る9月19日(土)におとなの写生大会の開催が決定しました!
昨年5月、ゲスト講師に和田ラヂヲさんをお迎えして大盛況だった、あの「おとなの写生大会」がアンコールに応えて帰ってきます。風光明媚な興居島を自由に散策、また電動自転車などで巡りながら、童心に戻ってのスケッチ大会。あなたの力作は和田ラヂヲとファシリテーターのミズモトアキラが講評。そして今回、写生終了後には和田さんを囲んで、島の幸をふんだんに取り入れたブッフェディナーまでお楽しみいただきます。画材、帰りのフェリー券、そしてこのディナーまで付いて4,000円!興居島の秋を味わい尽くしに来てください!
詳しくは……http://shimanotable.com/otonashasei2/

10 / 29« Top...89101112...20...Last »