b5henkei

-Akira Mizumoto in Niigata 2Days-

「Day1 / Talk] ぼくのシブヤ景 1988-2004
2016年11月12日(土)
@新潟・Blue Cafe
*新潟市中央区上大川前通7-1237-1 サンシャイン新飯田屋ビル2F

出演:ミズモトアキラ
聞き手:信濃川あひる

時間:19時00分〜21時00分
入場料:2,000円(ブルーカフェ特製 アップルパイ付)
予約受付:keiwashio@gmail.com

待ち合わせたレストランはもう潰れて無かった───。

このイヴェントで、ぼくはいわゆる「渋谷系」と呼ばれたムーブメント/カルチャー/感覚について語ろうと思います。
ただし、フリッパーズ・ギターやピチカート・ファイヴがなぜ解散したか……だとか、伝説のクラブ「スリッツ」がどんなところだったのか……だとか、「渋谷系」に興味を持っている人が知りたいであろうことを、フリッパーズやピチカートのレコードを買ったこともなく、スリッツに行ったこともないぼくは語ることが出来ません。
しかし、はっぴいえんどと同じ1969年に生まれ、ロリポップ・ソニックやスチャダラパーが結成した1988年に上京し、レコード店「マキシマム・ジョイ」がクローズした2004年、渋谷に構えていた事務所を引き払って湘南へ引っ越した、ぼく。
16年間というちょっと中途半端な年月を、渋谷という街とつかず離れず過ごしてきたこんなぼくでも「渋谷系」というムーブメントには多大なる影響を受けてきたと思います。
誰にでも思い出の風景があるように、ぼくにしか語れない「渋谷系」、すなわち「シブヤ景」があるのではないか───そんなことを最近よく考えています。それを今回「ぼくのシブヤ景 1988-2004」と題して語れたら、と思うのです。
 


[Day2 / Reception] 本屋ディスコ -ミズモトアキラの半日店長 in 北書店-
2016年11月13日(日)
@新潟・北書店
*新潟市中央区医学町通2-10-1 ダイアパレス医学町101

半日店長&DJ : ミズモトアキラ
お手伝い : 信濃川あひる
時間:15時00分〜20時00分 *DJは18時より
*入場無料。本屋さんなので買い物は大歓迎。

二日目はミズモトアキラが装丁を手がけた、小田島等×堀部篤史の新刊 『コテージのビッグ・ウェンズデー 半芸術編 』の発売を記念して、北書店にて販促イヴェントを開催します。
題して『本屋ディスコ -ミズモトアキラの半日店長イン北書店』。
ごぞんじ新潟市役所前の北書店にて、ミズモトが半日店長としてエプロン姿で接客します。この日のためにミズモトが選書したおすすめ本を陳列したコーナーを設置するほか、DJあり、店内清掃あり、人生相談あり……と、とにかく明るい時間から、みんなで集まって気軽にワイワイしようじゃないかというレセプションパーティです。日曜の午後のひととき、フリーソウル(自由な魂)でサバービア(鯖缶とビール)なんていかがでしょうか?
 
両日ともむずかしい内容ではありません。ぜひみなさま、11月12日と13日はスケジュール帳に「ミズモトが新潟に」と書き入れておいてください!