bepeanuts
 

一年以上の長さに感じられたこの一か月でした。タフにならざるを得ないこんな時にも、音楽には随分助けられました。特に2015年の個人的ベストにも選んだ、「DJみそしるとMCごはん」とLYRICAL SCHOOL(リリカル・スクール)のおかげで本当に救われました。

「DJみそしるとMCごはん」は、見て、聞いて、歌って、つくって、食べて!5回楽しめる音楽&食番組!(番組HPより)の「ごちそんぐDJ」(Eテレ)でもおなじみの、「美味しいものは人類の奇跡だ!」をモットーに活動する女性ヒップホップアーティスト(実はひとり、愛称「おみそはん」)。先日「HEY!HEY!NEO!」でダウンタウンとも共演をはたし(最高でした!)、ますます活躍の場を広げそうです。

去年リリースされたメジャーデビュー作の「ジャスタジスイ」は僕もムスコ(5歳)も大好きです。中でもタイトル曲の「ジャスタジスイ」はMVも最高で、一緒に何度も何度も見ました。ムスコは笑って見ていますが、僕は18歳ではじめてひとり暮らしをした頃を思い出し、ちょっと目頭が熱くなります。

 


DJみそしるとMCごはん 「ジャスタジスイ」
 

うちの家族も最初の一週間は家に帰れず、僕の通った中学校の体育館に避難していました。本震から数日は、食糧も水も行き届かない状況でした。やっともらえた配給のおにぎりを食べながら「ふりかけかけてもジャスタジスイ!」とフリースタイルでラップするムスコを見て、地震後はじめて家族みんなで笑いました。それからはカップ麺を食べる時に「お湯だけいれてもジャスタジスイ!」など替え歌ラップが流行りました。

LYRICAL SCHOOLは「リリスク」の愛称で親しまれる、女性6人組のヒップホップアイドル。デモ田中が監督、スーパーバイザーM.C. BOO、本編にはANIやBIKKEも登場するサブカルおじさん殺しの初主演映画「リリカルスクールの未知との遭遇」の公開も控えています。ファーストアルバムDATE COURSE収録の「そりゃ夏だ!」の「夏はああ ああ ああ……アイスクリームは」というのに当時3歳のムスコがはまってからのファンで、一緒によく聴いています。

4月の頭にはメジャーデビュー曲RUN and RUNのMVが公開されました。すでにyoutubeで41万回再生を越える超話題作です。ツイッターなどで拡散されてあっという間にバズったのがかっこよかったので、この時期にコラムで紹介して長々語るのは粋ではありませんが、もしまだの方がいらっしゃいましたら、是非スマホでご覧になってみてください。
 


LYRICAL SCHOOL “RUN and RUN”
 

僕もiPhoneではじめて見た時にこりゃヤバい、と思いましたが、ひねくれものなので、直接拡散はせずに、シャシャミン先生の「そうだよな。リリスクのみたいなスゴイMVは僕なんかがRTするまでもないわな。。そりゃそうだ。。」というツイートをRTしておきました。僕のiPhoneでいつも勝手に遊んでいるムスコもこのMVを見せたら面白がって、「あれ見せてよ」と言っておねだりしてきます。

スチャダラパーの毒舌や恨み節に慣れ親しんでいるので、リリスクのポジティブなリリックは時に眩し過ぎることもあるのですが、地震が起きてからは、RUN and RUNのリリックがかなりしっくりきています。キツイことがあったら「大丈夫想像して もっと楽しくなるはずって」と鼻ラップしています。

ということで、今回の穴レコードは「DJみそしるとMCごはん」やLYRICAL SCHOOLファンにもおすすめのもやしっこヒップホップを紹介しようと思います。わかりやすいように「もやしっこ」と使っていますが、僕はおみそはんとリリスクはハードコアなラッパーだと思っています。

ムスコは上で紹介した2曲が好き過ぎて、レコードが欲しいみたいで、そのことをツイッターで、

「昨日うちのムスコ(5歳)が『(DJみそしるとMCごはんの)ジャスタジスイとリリカルスクール(のRun and Run)のレコード出らんかな』って言ってたので、ホントにアナログブームが来たのかもしれません。」

とつぶやきました。するとリリスクのメンバーのうち半分がいいね、してくれて、セミプロのミーハーの僕は、おおご本人登場! と興奮しました。そのことをムスコに話すと「じゃあ、やっぱりレコード出ると?」と、喜ぶので、ポイントそこ?と苦笑してしまいました。本当にアナログ盤がリリースされたら、僕とムスコの2枚買いしようと思っています。

僕の代では難しいと思いますが、レコードに貪欲な二代目が店のほうも大繁盛させるかもしれません。大丈夫想像して、もっと儲かるはずって。


 

se
SAINT ETIENNE / SOFT LIKE ME [7″]
女性MCのWILD FLOWERを迎えたエチエンヌ流ヒップホップ!
 

sano
佐野元春 / VISITORS [LP]
かせきさいだぁも嫉妬するCOME SHINING収録!

ana

*ピーナッツ・レコードの穴 VOL.13で紹介したレコードは全て特別価格で提供しておりますので、この機会に是非ご注文ください。いつ通常価格に戻るかは僕にもレコードにもわかりませんので、あらかじめご了承ください。

Keigo Ide

Keigo Ide

昭和48年6月27日、熊本生まれ熊本育ちのO型。
中古レコード店"PEANUTS RECORDS"オーナー。いろいろな音楽が好きですが、最近は一回りしてまたギターポップばかり聴いています。子煩悩。スニーカー好き。
Keigo Ide