20seiki-web

雑誌『昭和40年男』などを発行しているクレタパブリッシングから新創刊されたムック『20世紀』にコラムを寄稿しました。

ぼくが中古レコード屋「マニュアル・オブ・エラーズ」の店長として働き、またDJとしての活動を開始した九〇年代なかばに遭遇した”アナログレコードバブル”の頃を振り返りつつ、一昨年あたりから盛んに言われているアナログ人気の再燃などを、ぼくなりに解説したコラムを書きました。

他にもピーター・バラカンさん、朝妻一郎さん、小林克也さんらのインタビュー、音楽専門誌とは少し違った切り口の特集記事などがたっぷり掲載されています。ぜひご一読ください。

タンデムスタイル増刊 20世紀『洋楽の時代』2015年4月号
700円(税込)発売中

出版社:クレタパブリッシング
http://www.crete.co.jp/extra/twentieth_century/