erykah-badu-but-u-caint-use-my-phone

 
今年の二十枚。

Alabama Shakes / Sound & Color
Benny Sings / Studio
The Bird and The Bee / Recreational Love
DJ Koze / DJ-Kicks
Erykah Badu / But You Caint Use My Phone
Hiatus Kaiyote / Choose Your Weapon
Jill Scott / Woman
Kendrick Lamar / To Pimp A Butterfly
Kitty, Daisy & Lewis / Kitty, Daisy & Lewis the Third
Major Lazer / Peace Is The Mission
Matthew E. White / Fresh Blood
Miami Horror / All Possible Futures
Mocky / Key Change
Neon Indian / VEGA INTL. Night School
Quantic Presents The Western Transient / A New Constellation
Sheila Ford / Here You Are
Snoop Dogg / Bush
!!! / As If

カネコアヤノ / 恋する惑星
Tracey Thorn / Solo: Songs And Collaborations 1982-2015

 
shimashima2

 
10月1日にOSのアップデートを失敗し、iMacのHDDを全消去する羽目になったり、そもそも秋までは単行本の諸作業に追われて、音楽を聴くどころではなかったりして、新譜にじっくりと向き合えたのは、10月末から始まったトークショーツアーの移動中でした。したがって、晩秋から初冬にかけてのひんやりとした空気をあたためてくれるようなブラック・ミュージックが多めになっているかもしれません。
邦楽はカネコアヤノさんの『恋する惑星』がとにかく素晴らしかった! 来年はぜひ彼女のライヴを生で観てみたいです。そして就寝前にはトレイシー・ソーンのオールタイム・コンピをよく聴いていました。

ベスト・ブックは『コテージのビッグ・ウェンズデー』……と言いたいところですが、ミランダ・ジュライの『あなたを選んでくれるもの』を、ベスト・コミックは7月末から毎月1〜2冊ペースで復刻されている『おばけのQ太郎』新装版を、ベスト・ムーヴィーは『スターウォーズ フォースの覚醒』『マッドマックス』……と言いたいところですが、ポール・トーマス・アンダーソンの『インヒアレント・ヴァイス』を挙げておきます。

ということで、2015年もみなさんありがとうございました。

昨年から引き続き、京都や松山での「コテージのビッグ・ウェンズデー」、そして書籍の発売と同時に全国を駆け回ったトークショー、はたまた夏には日比谷野音で開催されたイヴェント”Return Of Summer Camp”などなど……を通して、例年以上にたくさんの方々と仕事をし、あるいは呑み、食べ、喋る一年となりました。そこでいただいたさまざまな刺激やインスピレーションをもとにして、来年も世の中に楽しく還元できるようがんばりたいと思っています。世界はあまり良き方向へ向かっているとは言えませんが……せめて自分(と自分にかかる人たち)の生活くらいは少しでも明るくしたいものですね。

簡単ですが、ご挨拶はこの辺で。
みなさん佳き新年をお迎えください!

大瀧詠一さんの三回忌の日に。
ミズモトアキラ